学資保険とは、生命保険の一種として分類されており、親が契約者となって、子供の将来の教育資金のために積み立てる保険です。しかし、学資保険はいくらぐらいかかってどれくらい得をするのかなどなかなか分かりづらい部分もありますね。

学資保険(こども保険)に入ったほうがいいの?

学資保険というと以前は、郵便局の簡保の学資保険が主でしたが、最近では多くの生命保険会社が学資保険を手がけるようになり、さまざまなタイプの学資保険が販売されています。

学資保険は、15歳満期や18歳満期といった決められた時点まで保険料を支払えば、満期になった時点で満期保険金を受け取ることができます。

タイプによっては、保険料の支払いが終わる前に、契約者に万一のことがあれば、そのあとの保険料の支払いが免除され、満期保険料は全額受け取れるものや、子供に万一のことがあったとき医療費や、死亡給付金が支払われるといった保険もあります。

これだけを聞くと、そういったオプションがたくさんついている学資保険のほうがずいぶんお得に感じますよね。しかし必ずしもそれがいいとは限りません。

様々な要因がありますが、そういった学資保険は、月々の保険料の支払いが高かったり、満期給付金の額が低かったりします。

中には満期給付金の額が、支払った保険料の総額を下回る(元本割れ)こともありますので、学資保険を選ぶ際には十分な比較検討が必要です。

子供の教育費について「心配だな…」と感じておられる方は、学資保険を有効に利用するとよいのではないでしょうか。

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

子供の学資保険の選び方やおすすめ学資保険を比較紹介:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.buckcane.com/gakushi/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。