学資保険にかかる税金を知ってますか?

学資保険に入るときには、何社か資料請求し、比較した上で入られると思います。その際、学資保険についていろいろ勉強されると思いますが、意外と知られていないのは、学資保険で得たお金には税金がかかると言うことです。

具体的に言いますと、満期保険金や祝い金を受け取る際には所得税がかかってくるのです。普通に貯蓄していれば所得税はかかりませんから、考えようによっては、学資保険金のデメリットと言えるかもしれませんね。

そんな話は聞いたことがない!と思われている方も多いかもしれませんので、説明していきましょう。この場合の所得税は、"一時所得"というものになります。"一時所得"とは、以下の方法で計算します。

一時所得=「総収入金額」-「収入を得るために支出した金額」-「特別控除額(最大50万円)」

この計算式で求めた一時所得を半分にした金額が課税対象となります。そして、この課税対象となる金額を、通常の給与所得などの総所得金額に加えて、税金を計算し支払うことになります。

学資保険の場合、特別控除額は支払った保険料の値によって変わってきます。詳しく言いますと支払った保険料が

  • 50万円未満の場合はそのままその金額
  • 50万円を超える場合は50万円(最高50万円)

になります。

現在の利率の低さから考えると、実は一時所得にあたる金額は、計算するとマイナスになることが多く、0円となることがほとんどなので、よっぽど大きな額を学資保険にかけないかぎり、今のところ税金の心配をする必要はありません。

先ほど「税金がかかることは学資保険のデメリットである」と言いましたが、現在の世の中の流れでは、おそらくこの先も心配する必要ははないでしょう。しかしそういったことも頭に入れて学資保険を比較するのも、一つのファクターになるのでは?

この記事のタグ

サイト内関連記事

学資保険の加入する時期は?
ですから、子供が生まれる前に学資保険について勉強し、比較・検討して、ある程度プランなどを決めておくのがよいのではないでしょうか。 ところで、子供が少し大きくな...
学資保険は必要?それとも不必要?
子供ができたからといって、必ず学資保険に入らなければならないと言うことはありませ......
学資保険か貯蓄かどっちを選ぶ?
学資保険に入るべきか、その分を貯蓄すべきか…悩んでいる方もいらっしゃることでしょ......
学資保険の保証型と貯蓄型について
学資保険は、保証型と貯蓄型の二種類のタイプに分けることができます。ここ最近は貯蓄......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

子供の学資保険の選び方やおすすめ学資保険を比較紹介:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.buckcane.com/gakushi/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。