学資保険の選択の基準 その2

学資保険に加入しようとする場合、まずは学資保険のタイプを選択することになります。

学資保険のタイプは、「保障型の学資保険」にするのか、それとも「貯蓄型の学資保険」にするのかが決まると、次は満期保険金を受け取る時期を選ぶことになります。

たいていの保険会社は、満期保険金や祝い金の時期を設定したプランを販売しています。ですから、この時期を契約者が決定するということはほとんどありません。

だいたいどこの保険会社も満期の時期を「17・18歳」の大学進学時か、「20・22歳」の自立時に設定しています。特に多いのは、学費が最もかかる時期である「18歳満期」(大学進学時)のプランです。

最近では、早生まれのお子さんでも大学の入学金の支払いに間にあうように「17歳満期」のプランも増えてきています。

満期の時期をどちらか決めると、次は満額保険金で一度に全額をもらうプランか、小学校や中学校、高校入学時に祝い金として分けてもらうプランか、どちらかを選択します。当然のことですが、満額保険金として一度にもらうプランの方が、受け取る金額は高くなります。

最後に満期保険金の金額を設定していくことになりますが、これは受取時期と違って、自分たちで設定できるプランも数多くあります。

子供を私立大学に行かせたいか、国公立大学に行かせたいか、また、どういった教育を受けさせたいかなどで変わってきますが、月々の支払いの額も考えて決める必要があるでしょう。

無理なプランを組んでしまうと、途中解約という残念なことにもなりかねません。これらのポイントを踏まえて、何社か資料請求し、比較・検討されるとよいのではないでしょうか。

この記事のタグ

サイト内関連記事

保険会社を比較検討する
お子さんが生まれたら、学資保険を考える人は多いことでしょう。学資保険を取り扱って......
学資保険の選択の基準 その1
『学資保険といえば郵便局の「かんぽ」』に加入する人が大変多かったのですが、最近は......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

子供の学資保険の選び方やおすすめ学資保険を比較紹介:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.buckcane.com/gakushi/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。