学資保険か貯蓄かどっちを選ぶ?

学資保険に入るべきか、その分を貯蓄すべきか…悩んでいる方もいらっしゃることでしょう。そこで、それぞれのメリット・デメリットを考えてみたいと思います。

学資保険は貯蓄性の高い生命保険であり、貯蓄に加えて、親に万一のことがあった場合、それ以降の保険料が免除され、満期保険金や祝い金を当初の契約通りに受け取ることができます。

しかし、貯蓄は親に万一のことがあった場合、それ以上の積立が望めなくなる可能性があります。
これだけを聞くと「学資保険に入ったほうが得じゃない?」と思われるかもしれませんが、学資保険にもデメリットがあります。

貯蓄の場合、積み立てた金額はそれより下がることなく受け取ることができます。しかし、学資保険は元本割れ(受け取る金額【満期保険金+祝い金】が支払った金額【保険料の総額】を下回ること)の可能性があります。

つまり、契約者や被契約者(保障型の学資保険の場合)に保障が必要なかった場合には、貯蓄のほうが金銭面では得であると言うことです。

学資保険が貯蓄より有効性が高くなる(得をする)のは、貯蓄性よりも、生命保険としての機能を必要とした場合のみになります。

しかし、ここ最近、元本割れしない学資保険も販売されるようになりました。貯蓄性に重点をおいた学資保険で、保障も貯蓄性も両方を兼ね備えており、人気を集めているようです。

貯蓄を選ぶか、保障が充実した学資保険を選ぶか、それとも貯蓄を重視した学資保険を選ぶのか、それぞれの家庭によって、何に重点を置きたいのかで、変わってくることでしょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

学資保険にかかる税金を知ってますか?
学資保険に入るときには、何社か資料請求し、比較した上で入られると思います。その際......
学資保険の加入する時期は?
ですから、子供が生まれる前に学資保険について勉強し、比較・検討して、ある程度プランなどを決めておくのがよいのではないでしょうか。 ところで、子供が少し大きくな...
学資保険は必要?それとも不必要?
子供ができたからといって、必ず学資保険に入らなければならないと言うことはありませ......
学資保険の保証型と貯蓄型について
学資保険は、保証型と貯蓄型の二種類のタイプに分けることができます。ここ最近は貯蓄......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

子供の学資保険の選び方やおすすめ学資保険を比較紹介:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.buckcane.com/gakushi/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。