保障型の学資保険のメリット・デメリット

ここ最近は貯蓄性の学資保険が人気を集めているようですが、保障型の学資保険もうまく利用すれば、同等以上に効果はあるんですよ。

そこで保障型の学資保険について、メリット・デメリットなどを少しお話ししたいと思います。

保障型の学資保険とは、医療保障や死亡保障が付いている学資保険になります。その保障内容は、貯蓄型の学資保険に比べると、はるかに充実しています。

例えば、保険契約者である親に万一のことがあった場合には、満期になるまで育英費用として一定の年金が受け取れる育英年金がついています。

保険契約者である親に死亡保障が付いた学資保険とでもいいましょうか…。他にも、子供が怪我や病気で病院にかかったときや、死亡したとき、保障が利きます。もちろんこれらの保障内容は、保険会社やプランによって多少異なってくるのですが…。

デメリットとしては、保障が充実している分保険料が高くなり、元本割れすることがあります。

ですから、他の生命保険などで医療保障や死亡保障がしっかりしている方の場合には、それほど保障を充実させなくてもよいわけですから、余計な保険料がプラスされることを考えると、不向きかもしれませんね。

保証型の学資保険にもさまざまなプランがありますので、まずは何社か資料請求し、比較してみることをオススメします。

この記事のタグ

サイト内関連記事

学資保険のデメリットとは?
ここ最近、学資保険にもさまざまな種類のものがでてきていますね。たくさんあって、ど......
学資保険に加入するメリット
多くの保険会社から学資保険が販売されるようになり、それぞれのウリをよく理解し、比......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

子供の学資保険の選び方やおすすめ学資保険を比較紹介:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.buckcane.com/gakushi/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。