車両保険の必要性について

自動車保険は、保険の対象となるもので大きく分けると対人、対物、車両の3つに区分されます。その中で、自分の車の損害を対象としたものを車両保険と言います。

車両保険と言うものは、事故が起きた際の相手の被った損害に対しての補償ではない為、自動車保険において対人、対物ほどは重要視されていません。

自分の損害は他人に迷惑をかけると言う事もないですし、示談交渉などありませんのでトラブルにもならないですし当然かもしれません。

車両保険はどのような方にお勧めかと言うと、高級車に乗られている場合が挙げられます。高級車の場合わずかな接触によって出来た傷でも高額な修理代がかかる場合がありますし、盗難の恐れもあります、そういうときの補償に車両保険は必要と言えます。
また、常時仕事に車を使用するような方も、必然的に事故の確率が高くなるので、車両保険に入っておいた方が良いかと思います。

車両保険に関しては、景気などの影響で経済的な問題から、車両保険をはぶく方が増えてきてるのも事実ですが、もらい事故などの際相手が保険に入ってない時など当てられ損になることがありますので、余裕があれば入っていて損はありません。

自動車保険に加入する人のほとんどは、事故を起こした際の自分の損害よりも相手に対する賠償を心配しているのですから、車両保険入らないのは致し方ないと言えます。

大事なのは、みんなが入っているからではなく、自分にこの保険が必要かどうかを考えて加入することが大事です。

この記事のタグ

サイト内関連記事

車両保険の付帯方法の種類
自動車保険は基本的にだいたい5つの保険に、他人の身体や物への補償や自分と搭乗者へ......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

 

携帯版のQRコード

安い自動車保険の賢い選び方:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.buckcane.com/hoken/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。