自動車盗難保険の必要性

自分の車が盗難に遭うなんて・・・と考えている方がほとんどだと思います。

治安の良い日本で、実際自動車が盗まれる、もしくは車上荒らしに遭う、と言う状況が想像しにくいのも当たり前かもしれません。ところが、日本国内でもそう言っていられないような時代になってきているのです。

近年、自動車盗難の被害はどんどん右肩上がりに増加しています。外国人窃盗犯の集団グループ、それに加担する末端の人間・・・現状はありとあらゆる所で盗難の機会を伺う連中が目を光らせているのです。

自分が実際に盗難被害を受けてしまい、泣き寝入りするしかないという状況はどうしても避けたいものです。そのようなときの為に、自動車保険には「自動車盗難保険」というものがあります。

自動車盗難保険は、車両本体の盗難だけでなく、装備品(カーナビやオーディオなど)や車内の物品の盗難、盗難を目的として行われた車体の破壊(キーシリンダーの破壊やガラスの粉砕など)に関しても保険金が下りる保険です。

自動車保険に加入する際、自動車盗難保険に入っておけば、万が一の時に車両の損害に対する補償はかなりの範囲で補われます。

しかしその一方で保険金が支払われない場合もあり、内容をよく把握しておく必要があります。例えば、まぁこれは詐欺になるので極端な例ですが、被保険者が保険金目的で盗難被害にあったように見せかけたような場合は支払われません。

タイヤに関しては消耗品という位置付けなのか保険が適用されないようになっています。また、戦争や暴動による被害、自動車に定着されていない付属品の損壊なども保険の非対象になるようです。

自動車保険の中で、盗難被害というものは自己の損失という事で、あまり重要視されていません。まして、シャッターの中に入っている自分の車は大丈夫だろうという先入観もありますが、出先で食事から戻ったら無かったなんてこともあります、自分の車を守れるのは自分だけです。

自分は事故を起こさない、車も盗まれないではなく、そうなったときに自分に合った自動車保険、自動車盗難保険に加入するか否かを検討しましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

自動車保険の免責事由について
自動車保険に加入されていますか?自動車保険にさえ加入していれば、自動車に関わる全......
自動車保険の自賠責保険と任意保険について
自動車保険と一言で言っても、一つで全てをまかなっているという自動車保険はありませ......
自動車保険を解約する方法
自動車保険に入ったはいいが、いろいろな理由で解約しなければならなくなったと言う状......
短期間の運転時に自動車保険を利用出来る?
運転免許は持っていても、自分名義の車を所有していないなどの理由から、自動車保険に......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

 

携帯版のQRコード

安い自動車保険の賢い選び方:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.buckcane.com/hoken/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。