自動車保険の種類による保障限度額

自動車保険には大きく分けると2つの種類があります。

1つは「自賠責保険」と呼ばれる自動車を運転する人全てが加入しなければならない自動車保険で、法律で定められた強制保険です。よく耳にする自賠責保険とは、【自動車損害賠償責任保険】の通称です。

自賠責保険には車を購入するときや、車検のときに必ず加入させられます。自賠責保険の適用は人身事故だけで、被害者を守るための保険です。保障には限度額があり、死亡時は3,000万円、傷害で120万円、重度後遺障害には4,000万円です。

もう一つは自賠責保険では補償できないものや、補いきれないものを補償する【任意保険】です。自賠責保険とは違い、任意保険の加入義務はありませんので、任意保険に加入していないドライバーの方もおられるでしょう。

任意保険は万が一の事故の時には自賠責保険では補いきれない分を補償されます。自動車の故障・トラブル時にも手厚いサービスが受けられます。任意保険には是非加入するべきだと思います。

また任意保険にもいくつかの種類があります、任意保険の基本的な保険の種類は大まかに分けて5つです。任意保険の基本的な保険に特約などを自分にあった組み合わせで保険を選びましょう。

【対人賠償保険】は、交通事故時の他人の「身体」に対しての補償です。自賠責保険の限度額を越えた部分を補償されます、対人賠償保険の加入は「無制限」にするのが安心でしょう。

【対物賠償保険】は、交通事故時の他人の車を含めた「物」に対しての補償です。バスやタクシーや電車との事故であった場合にも、対物賠償保険は適用されます。こちらも「無制限」で加入するのが安心でしょう。

【搭乗者傷害保険】は、車に乗っている運転者と同乗者に対しての補償です。

【自損事故保険】は、自分単独で起こした事故で相手がいない場合と、相手がいても相手に対しての過失がゼロの場合で運転者が怪我や死亡した時、自賠責保険は適用になりませんのでその分を補償します。自損事故保険は対人賠償保険に自動的に付帯されている場合が多いです。

【無保険者傷害保険】は他車との事故において、相手方が対人賠償保険に加入していない場合、自賠責保険の限度額を越えた部分に適用される保険です。

万が一の事故時に慌てる事がないように、自動車保険の種類をしっかりと把握した上で自分に合った内容に加入することは大切な事でしょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

自動車保険の便利な選び方
自動車保険の加入をご検討ではありませんか?自動車保険を選ぶのに、沢山の保険会社が......
自動車保険を他社の保険会社に変更する基準
自動車保険は1997年の自由化により、各社で様々なサービス・特約などで各社の特色......
自動車保険を選ぶ必要最低限のポイント
自動車保険の選択基準は人それぞれあると思います。値段を優先される方もいれば、保障......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

 

携帯版のQRコード

安い自動車保険の賢い選び方:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.buckcane.com/hoken/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。