車両保険の付帯方法の種類

自動車保険は基本的にだいたい5つの保険に、他人の身体や物への補償や自分と搭乗者への補償などに、車両保険や自分に合った特約などをプラスして加入することになります。

車両保険とは加入者の車の損害を補償するものですが、自動車保険の保険料を出来るだけ安く済ませたい時は、車両保険に加入するのに迷います、人気のある新車や高級車なら、盗難の恐れもあるので付けた方が安心でしょう。

車両保険の保険料は乗っている車の価値や加入者の等級で変わってきます、車両保険は車種ごとに大体の料金クラスが設定されています、もちろん高級車であればあるほど、車両保険の保険料は上がります。

車両保険の付帯方法には4通りがあります。

①一般車両
偶然の事故によって生じた自動車への物的損害について補償されます、単独事故、他車との衝突、当て逃げ、台風・洪水・火災・爆発・盗難・落書き、いたずら、などのほとんどの場合で補償が受けられます。

しかし一般車両に入れば、どんな場合でも補償されるわけではありません、法律違反の場合や故意の事故の場合など、その他免責事由に当たる部分の場合保障されません、それ以外に加入している保険会社の約款を確認してください。

②エコノミー+限定A(特約)
エコノミーと限定Aを合わせたタイプの保障です。

③エコノミー(特約)
自動車同士の事故による損害のみに補償が受けられる特約です。自損事故は補償されません。

④限定A(特約)
車を走行中以外の駐車時の被害について保障されます。
台風・洪水・火災・爆発、盗難、落書き、いたずらなどの場合で保障が受けられます。

自動車保険の特約は保障内容の充実と言うよりも、保険料を安くするため補償範囲を限定的にするものという考え方が一般的なようです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

車両保険の必要性について
自動車保険は、保険の対象となるもので大きく分けると対人、対物、車両の3つに区分さ......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

 

携帯版のQRコード

安い自動車保険の賢い選び方:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.buckcane.com/hoken/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。