iPhoneの種類

iPhoneは、8GB(ギガバイト:容量の単位)と16GBの2種類が販売されています。この数字が大きい(容量が大きい)ほど、たくさんの音楽や画像ファイルなどを入れる事ができます。

もちろん、容量が大きいほどお値段も高くなります。機能はどちらも変わりませんので、どちらのタイプがいいか、自分の用途を考えた上で選択することになります。

カラーリングは、8GBタイプはブラックのみ、16GBだとブラックとホワイトの二色があります。これはおそらく、随時新しい色が追加されていくことでしょう。色で携帯を選ぶ方も多いので、この辺は重要なポイントとなりますからね。

また、iPhoneの姉妹版とでも言いましょうか…、iPod touchという機種があります。このiPod touchは、iPhoneから通話機能・カメラ・SMS・スピーカーといった機能を除去したものであり、通話機能がありませんので、携帯電話ではありません。しかしメール機能は付いているので、それによってコミュニケーションを取る事は可能です。

これだけを見ると、既に携帯電話を持っている人は、わざわざiPhoneを買う必要があるのか?iPod touchがあれば事足りるのではないか?と思われるかもしれませんね。


iPhoneの良さは、快適なウェブブラウズや、パソコンとメールアドレスが共有できたり、iTunesによってパソコンのデータと同期する事ができたりなど、煩わしい部分がかなりなくなるということでしょう。

こういったiPhone特有の機能にあまり魅力を感じない人には、iPod touchを購入された方がいいかもしれませんね。

この記事のタグ

サイト内関連記事

日本でのiPhoneの価値とその評価は?
iPhoneがとうとう日本に上陸しました!そこで、現在販売されている携帯電話とi......
ついに日本に上陸!『iPhone』
日本の大手携帯電話会社の間では、iPhoneの3Gへの対応という話が出て以降、水......
iPhoneの外観をどう思いますか?
iPhoneは常に持ち歩く物ですから、外観も気になるところだと思います。パッと見......

関連ニュース

▲このページのトップへ