日本でのiPhoneの価値とその評価は?

iPhoneがとうとう日本に上陸しました!そこで、現在販売されている携帯電話とiPhoneとの違いを比較する動きが、頻繁に見られるようになりました。

従来の携帯電話とiPhoneとの間には、やはり大きな違いがあります。その一番の違いは、なんと言ってもタッチパネルでしょう。画面に触れて操作するというタッチパネルは、様々なキーの特性を理解して操作しなければならない、従来のキーパッドよりも、操作がとても簡単です。

さらに、これまでにない操作感が味わえることと思います。ですから、若年層にも年配層にも受け入れられることでしょう。その一方で、この革新的なiPhoneを、敬遠する人も少なくないでしょう。

携帯電話に対し、常に新しいものを求める人が多いなか、一方では電話としての機能に特化して欲しいという人も数多くいらっしゃることは事実です。たくさん機能がついていても使うことがない、あるいは使いこなせていない人も多くいらっしゃるということです。

そういうことをふまえ考えてみると、従来の携帯電話とiPhoneの間には、住み分けできやすい環境があると言えるのではないでしょうか。

iPhoneは、今後、おそらく若年層を中心にシェアを伸ばしていくことでしょう。なぜなら、タッチパネルといった新機能があるほか、iPodやウェブ閲覧といった、若者が好む機能が充実しているからです。

ただ、iPhoneの新鮮度が薄れた時、果たしてタッチパネルでの操作は日本人に定着するのか?という疑問があります。正直、微妙なところではないでしょうか。

日本の若年層が携帯に対し、最も求めるものは、メールとカメラの機能であると言われています。カメラに関しては、今後、改良の余地があるでしょう。

しかし、メールに関しては、キーパッドの方が打ちやすいのではないか...と思われます。この辺りでどうなるのか...、ソフトバンクがどのような戦略を打ち出していくのかが、非常に楽しみなところです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ついに日本に上陸!『iPhone』
日本の大手携帯電話会社の間では、iPhoneの3Gへの対応という話が出て以降、水......
iPhoneの外観をどう思いますか?
iPhoneは常に持ち歩く物ですから、外観も気になるところだと思います。パッと見......
iPhoneの種類
iPhoneは、8GB(ギガバイト:容量の単位)と16GBの2種類が販売されてい......

関連ニュース

▲このページのトップへ