iPhoneの特徴:ウェブページ閲覧機能 パート2

iPhoneにはさまざまな特徴がありますが、ウェブページ閲覧の機能でもたいへん優れている点があります。それはどんなウェブページであっても、iPhoneの画面に合ったサイズに調整できる...、言い換えると、どれだけサイトが大きくても、縮小して画面のサイズに合わせる事ができるということです。

今までの携帯は、画面がパソコンの画面と比較してかなり小さいので、どうしてもサイトのごく一部のみしか、写すことができませんでした。ですから、全体を見ようと思うと、スクロールさせるのにかなりの手間がかかっていました。

しかし、iPhoneについているこのサイズ変換機能は、パソコンの画面と同じようにページ全体を見ることできます。もちろん、文字などのもともとが小さい表示は、画面を縮小することで読めないほど小さくなってしまいます。

しかし、この問題は見たい部分を拡大して表示することで、解決することができます。画面を拡大したり縮小したりする動作は、指をちょっと動かす程度なので、簡単に行うことができます。


iPhoneでウェブページを閲覧する場合、AT&TのGSM/EDGEネットワークを介してブラウザを作動させることは、極端に通信速度が遅いため、あまり推奨されていません。

ここ最近、ブロードバンド化が進み、非常に円滑でスピーディーなインターネット閲覧ができるようになりました。そんな中で、「ダイヤルアップ接続よりはマシ...」といった程度の速度では、ストレスが溜まることでしょう。

しかし、iPhoneは無線LANやWi-Fiといった、高速で通信ができる環境を作る為の機能が整っているので、どんどん活用していきましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

iPhoneの特徴:音楽機能
iPhoneは、音楽機能に関して、かなり力を注いでいると思われます。その結果、携......
iPhoneのSMS機能
先日発売されたiPhoneには、たくさんのミニアプリケーションが搭載されています......
iPhoneの特徴:ウェブページ閲覧機能 パート1
iPhoneは、たくさんの優秀な機能を兼ね備えた携帯電話だと言われています。その......
iPhoneのメール機能
iPhoneの電子メール機能は、セットアップがわかりやすく、また、アカウントの接......
iPhoneで画像や動画を見る
iPhoneは、タッチパネル方式を採用しているので、キーパッドのスペースが必要あ......

関連ニュース

▲このページのトップへ