iPhoneの特徴:ウェブページ閲覧機能 パート1

iPhoneは、たくさんの優秀な機能を兼ね備えた携帯電話だと言われています。その一つに、インターネットなどウェブ上のページを見る機能があげられています。

そもそもiPhoneを生み出したアップル社というのは、ご存じの方も多いと思いますが、マッキントッシュを開発した、いわばパソコンにおけるトップクラスの会社です。

その会社が生み出した携帯電話のネット閲覧の機能が、「いまいち...」などということは考えにくいことですから、この長所は当然と言えば当然のこと...ですよね。

一番優れている点は、ブラウザが搭載されていることでしょう。ブラウザとは、WorldWideWebによってハイパーテキストのリンクを辿り、ウェブページを表示するアプリケーションのことで、私たちにとって身近で有名なものに、インターネットエクスプローラがあります。

iPhoneが搭載しているブラウザは、"Safari"というタイプのもので、アップル社が世界最高の高速ブラウザとして開発したものです。現在、市場で好調を博しているブラウザと言えるでしょう。


このブラウザは、パソコンに搭載されてあるソフトウェアにとても近い機能をもっています。従来の携帯電話にオマケ程度でついているブラウザと比較してみると、その機能や性能はたいへん優れており、かなり差があると言えます。

したがって、iPhoneでウェブページを閲覧する場合、ブラウザがパソコンのものとほとんど同じなので、パソコンで操作するのと同じような感覚で、ほぼ全てのサイトにアクセスすることが可能なのです。これは、インターネットが盛んな日本の人々にとって、とてもうれしいことと言えるでしょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

iPhoneの特徴:音楽機能
iPhoneは、音楽機能に関して、かなり力を注いでいると思われます。その結果、携......
iPhoneのSMS機能
先日発売されたiPhoneには、たくさんのミニアプリケーションが搭載されています......
iPhoneの特徴:ウェブページ閲覧機能 パート2
iPhoneにはさまざまな特徴がありますが、ウェブページ閲覧の機能でもたいへん優......
iPhoneのメール機能
iPhoneの電子メール機能は、セットアップがわかりやすく、また、アカウントの接......
iPhoneで画像や動画を見る
iPhoneは、タッチパネル方式を採用しているので、キーパッドのスペースが必要あ......

関連ニュース

▲このページのトップへ