iPhoneで画像や動画を見る

iPhoneは、タッチパネル方式を採用しているので、キーパッドのスペースが必要ありません。その分モニターが大きくなっています。現在、日本で販売されている携帯電話の画面サイズは2.4インチが主流となっています。

ワンセグ用でも最大3.1インチです。ところが、iPhoneの画面は3.5インチ!この大きさで画像や動画を見ることができるということは、この差はかなり大きいと言えますよね。

iPhoneは、携帯電話本来の意味である通話機能よりも、それ以外の部分を重視したデザインになっているように思われます。

なぜなら静止画や動画を問わず、様々な画像を閲覧するのに最適と言えるサービスやツールがたくさん搭載されているからです。そのメインとなるサービスが、Youtubeの最適化ではないでしょうか。

Youtubeと言えば、ご存じの方も多いと思いますが、今やインターネット上における動画閲覧の主流となっているポータブルサイトです。今までは、このYoutubeの画像を携帯で見たいと思っても、今ひとつ画質がよくないというのが一般的でした。


しかし、iPhoneは違います!非常にクリアな状態の動画を見ることができるのです。それは、まるでパソコン上で見ているのとほぼ同じような感覚で見ることができるのです。

近年、ワンセグ機能が搭載されるようになり、携帯電話で動画を見るというのが主流になってきました。これからは、携帯で動画を見る場合、どういった環境で見られるか?ということが重要なポイントとなってくるでしょう。iPhoneではこの点をかなり重視しているように思います。

今後、もしかしたら携帯電話がコンパクトサイズのパソコンと呼ばれるようになる日がくるかもしれない...と言われています。たしかに、この動画の閲覧機能がパソコン並に普及したとしたら、パソコンもテレビも家庭から消えてなくなるかもしれませんね。

この記事のタグ

サイト内関連記事

iPhoneの特徴:音楽機能
iPhoneは、音楽機能に関して、かなり力を注いでいると思われます。その結果、携......
iPhoneのSMS機能
先日発売されたiPhoneには、たくさんのミニアプリケーションが搭載されています......
iPhoneの特徴:ウェブページ閲覧機能 パート2
iPhoneにはさまざまな特徴がありますが、ウェブページ閲覧の機能でもたいへん優......
iPhoneの特徴:ウェブページ閲覧機能 パート1
iPhoneは、たくさんの優秀な機能を兼ね備えた携帯電話だと言われています。その......
iPhoneのメール機能
iPhoneの電子メール機能は、セットアップがわかりやすく、また、アカウントの接......

関連ニュース

▲このページのトップへ