ついに日本に上陸!『iPhone』

日本の大手携帯電話会社の間では、iPhoneの3Gへの対応という話が出て以降、水面下でキャリア争奪が行われてきました。

その結果、日本でiPhoneを発売するのは、近年飛躍的な業績を上げているソフトバンクに決定しました。ソフトバンクからすると、これで更に若年層へのアピールができると踏んでのことでしょう。

ソフトバンクは、孫社長の徹底的なイメージ戦略により、ここ数年でかなり業績を上げている会社です。みなさんもご存じの通り、ソフトバンクホークスや白い犬を起用した奇抜なCMなど、その宣伝力には常に目を見張るものがあり、常に宣伝に力を注いでいることが伺えます。

アップル社との契約も、そこが狙いだったのでは?と考えられます。購入希望者の行列を作ったiPhoneを、日本で販売している会社はソフトバンクである、というステータスが欲しかったのではないでしょうか。


今回、ソフトバンクが売り出す日本のiPhoneの機能は、基本的にはアメリカで販売されている商品とほとんど変わりません。もちろん、今後は、日本人向けのサービスやさまざまな機能を随時追加していくことでしょう。

いずれにしても、ソフトバンクは常に野心的であると言えます。そして企業として優れた姿勢を貫いていると言えるのではないでしょうか。

それに対し、今回参入しつつも結果的には見送ったドコモは、どうも方向性がはっきりせず、模索している最中なのでしょうか。今後は、これまでの地盤をさらに固めることに重視していくのか、あるいは自社の携帯を更なるステージへと持っていくことに尽力するのか…、どちらの方向へむかうのか注目したいところです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

日本でのiPhoneの価値とその評価は?
iPhoneがとうとう日本に上陸しました!そこで、現在販売されている携帯電話とi......
iPhoneの外観をどう思いますか?
iPhoneは常に持ち歩く物ですから、外観も気になるところだと思います。パッと見......
iPhoneの種類
iPhoneは、8GB(ギガバイト:容量の単位)と16GBの2種類が販売されてい......

関連ニュース

▲このページのトップへ