『iPhone 3G』と従来の『iPhone』との違い パート1

今、注目されている『iPhone 3G』と、従来のiPhoneには、大きな違いがいくつもありますので、見ていきましょう。

まず、一番大きく違う点は価格です。8GB/16GBの価格を比較してみましょう。これまでのiPhoneは、399ドル/499ドルでした。それが『iPhone 3G』になると、199ドル/299ドル。非常に買いやすい価格となっています。

何故、ここまで価格の抑制ができたのでしょうか?それは、アップル社と電話会社AT&Tの間で、新たな契約が結ばれたからだそうです。

従来のiPhoneでは、月々の通話料の一部を、AT&Tからアップル社へ支払うという契約でした。しかし、『iPhone 3G』では、通常のモデルと同じく、電話会社が本体価格の一部を負担し、その代わり通話料は全て電話会社が受給するという契約に変わったそうです。

これには、アップル社のiPhoneに対する期待や目標の変化が現れているのではないか...と推測されます。『iPhone 3G』を世界全土に広めるとするならば、特異な契約方式ではあまり歓迎されないでしょうから、通常と同じくインセンティブ方式とする事で、世界の基準を満たしたのです。それと同時に、本体価格を下げ、新規購入者への敷居を低くしました。


これまでのアップル社はiPhoneに関して、本体価値への絶対的な自信が伺えました。それは、言い換えるとiPod機能を始めとする、通話以外の機能への自信です。

他の携帯電話とは一線を画しているという自負が、iPhoneの値段設定や電話会社との契約に現れていたのだと推測されます。しかし、やはりもっと世界へ広げていこうという目標の方が、最優先されるようになったのでしょう。

従来のiPhoneが国内向けのモデルだとしたら、『iPhone 3G』は世界向けモデルといったところでしょうか。

この記事のタグ

サイト内関連記事

『iPhone 3G』と『従来のiPhone』との違い パート2
従来のiPhoneに3Gが搭載されたことで、日本での使用が可能となります!これま......
iPhone 3Gとは
2008年、携帯電話に大きな転機が訪れます。それは、『iPhone 3G』が発売......

関連ニュース

▲このページのトップへ