iPhone 3Gとは

2008年、携帯電話に大きな転機が訪れます。それは、『iPhone 3G』が発売されるからです。この"3G"とは、容量の事ではなく、"3Gテクノロジー"という通信技術の事であり、これを搭載することで、iPhoneの周波数帯が増えます。さらに、パフォーマンスも向上します。

この『iPhone 3G』の発売にあたって、販売元であるアップル社には三つの狙いがあると言われています。まず一つ目、【価格の抑制】です。従来のiPhoneでは、8GBモデルが399ドル、16GBモデルが499ドル、日本円で言うと、おおよそ40,000円と50,000円です。

しかし、今回発売される『iPhone 3G』の販売価格は、なんと!8GBモデルが199ドル、16GBモデルが299ドル、今までのほぼ半額なのです!これは驚くべき価格の低下であります。

iPhoneは、iPodやタッチパネル機能といった、非常に斬新で優れた機能を有している携帯電話ではありますが、それら機能の充実さと引き換えに、価格的に見るとやや高めである事は否めませんでした。

新しい携帯電話が40,000円や50,000円というのは、現在の市場からしたら、きわめて高いというわけではありませんが、ほとんどの人が携帯電話を持っているこの時代、機種変更するとしたら、かなり安価で新しい機種が購入できるわけですから、iPhoneに乗り換える際にかかる40,000円や50,000円という値段は、少し高く感じてしまうのでしょう。

そこで『iPhone 3G』の発売にあたり、そういった声を受けて価格設定されたのではないでしょうか。

この記事のタグ

サイト内関連記事

『iPhone 3G』と『従来のiPhone』との違い パート2
従来のiPhoneに3Gが搭載されたことで、日本での使用が可能となります!これま......
『iPhone 3G』と従来の『iPhone』との違い パート1
今、注目されている『iPhone 3G』と、従来のiPhoneには、大きな違いが......

関連ニュース

▲このページのトップへ