iPhoneのメール機能とウェブ機能

iPhoneのメール機能は、POP3やIMAPのメールサービスに対応しているので、HTML方式のテキストメールでも、そのまま表示されます。つまり、パソコンのメール機能と比較しても、ほぼ同等レベルのメール機能が使えることになります。

特に、大きなポイントはヤフーメールが使える事です。メールアドレスを無料で取得することができるので、仕事とプライベートを分けたり、相手によってメルアドを変えることが可能です。相手によって自分の名称を変える場合には、気を使わなくてもすむので便利といえるでしょう。


iPhoneでメールを作成する場合、ホーム画面の"メールボタン"を押します。そして、次に表示される画面【受信画面】の右下に表示されている"新規作成ボタン"を押します。すると、入力画面が出てくるので、タッチパネル上のキーボードを使い、内容を入力していきます。

ウェブ機能を操作する場合は、ホーム画面の"ウェブボタン"を押し、ウェブブラウザを開きます。この操作は、パソコンでインターネットを使用する際の感覚と同じであり、実際にパソコン用のホームページを閲覧することもできます。これはiPhoneの最大の魅力と言えるでしょう。

ただし、パソコンと違って、やはり携帯電話はどうしても画面が小さくなってしまいます。そこで拡大や縮小機能を利用するわけですが、ウェブ上のページを2回叩くと、画面の拡大・縮小することができます。

この記事のタグ

サイト内関連記事

iPhoneの電話機能の操作
iPhoneの電話機能を使用する場合には、まずホーム画面下部にある"Phoneボ......
iPhoneのiPod機能 パート2
iPhoneにおけるiPod機能は、現在販売されているiPodを超えている.........
iPhoneのiPod機能 パート1
iPhoneでiPod機能を使用するには、ホーム画面上にある"iPod"ボタンを......
iPhoneを起動する
iPhoneを購入した段階では、スリープ状態になっていますので、まずiPhone......

関連ニュース

▲このページのトップへ