iPhoneのiPod機能 パート2

iPhoneにおけるiPod機能は、現在販売されているiPodを超えている...との声があり、その機能が大変注目されています。その機能の一つに、カバーフローが挙げられています。

iPhoneでは、音楽を再生している最中に携帯を横向きに倒すと、カバーフロー画面が自動的に出現するようになっています。そこで画面中央のジャケットを触れると、アルバムの曲のリストが表示されるので、再生したい曲をすぐに選ぶことができます。この操作性がiTunesのカバーフロー以上と言われている機能です。

また、動画の再生機能もiPhoneの大きな魅力の一つであると言われています。iPhoneは通常の携帯電話よりも画面が大きいので、携帯電話で動画を見るには最適な機種だとされているのです。


動画の再生は、音楽の再生と基本的には同じで、ファイルが音楽ファイルか動画ファイルかの違いだけになります。しかし、動画の再生には音楽の再生よりも非常に優れているところが一つあります。

それは、動画を再生している最中にiPhoneを横向きに倒すと、映像も横向きになるのではなく、横に向いた画面にあわせて、正しい向きの映像が映し出されるのです。つまり、映像を横に広げて見ることもできるというわけです。

どういった画面で映像を見たいか、選択することができるなんてことは、今までの携帯では考えられなかったことですよね。

また、iPhoneで動画を再生している最中に画面に触れると、操作パネルが出現しますので、音量を調整したり、再生や停止、巻き戻しや早送りといった機能を使うことも出来ます。

さらに、iPhoneにはスピーカーが内蔵されていますので、迫力の音量で、映像を楽しむことができます。また、テレビを見る感覚で、数人で一緒に動画を見ることもできます。

これらの機能を生かして動画を楽しむ際には、決して周りの迷惑にならないよう、場所を選んで閲覧するようにしましょうね。

この記事のタグ

サイト内関連記事

iPhoneのメール機能とウェブ機能
iPhoneのメール機能は、POP3やIMAPのメールサービスに対応しているので......
iPhoneの電話機能の操作
iPhoneの電話機能を使用する場合には、まずホーム画面下部にある"Phoneボ......
iPhoneのiPod機能 パート1
iPhoneでiPod機能を使用するには、ホーム画面上にある"iPod"ボタンを......
iPhoneを起動する
iPhoneを購入した段階では、スリープ状態になっていますので、まずiPhone......

関連ニュース

▲このページのトップへ