iPhoneのiPod機能 パート1

iPhoneでiPod機能を使用するには、ホーム画面上にある"iPod"ボタンを押します。ボタンを押すと、画面下部にプレイリストやアーティストごとのカテゴリーなど、いくつかボタンが表示されます。これらのボタンで、自分の聴きたい曲のあるカテゴリーなどを呼び出します。

曲を選択する際には、画面をスクロールさせて選ぶわけですが、iPhoneにはスクロール機能となるバーなどはありません。ではどうやってスクロールさせるのかというと、画面に触れ、指で画面を流すようなかんじで、画面を動かすのです。

実際にやってみるのが一番だと思いますが、簡単なので、すぐに慣れることでしょう。そうやってリストを指でスクロールさせて、聴きたい曲を探します。

音楽を再生させると、画面上にはジャケットが表示されるようになっており、再生中でも右上にあるボタンを押すと、アルバムの曲目リストに変わり、曲を変えることができます


iPhoneを購入する人の多くは、購入理由に"iPodがついているから"を挙げています。今、それくらい、このiPod機能は、携帯電話についていてほしいと望まれる機能なのでしょう。

アップル社が発売する携帯電話というフレコミを聞くと、iPodやMacをイメージされる方が多いと思います。このiPhoneは、その期待にしっかりと応えた携帯電話と言えるのではないでしょうか。

しかもiPhoneの使用感は、iPodを使っているのとほとんど変わらない感覚で使えるので、現在iPodを使用している人にも違和感なくフィットする携帯電話だと思います。

この記事のタグ

サイト内関連記事

iPhoneのメール機能とウェブ機能
iPhoneのメール機能は、POP3やIMAPのメールサービスに対応しているので......
iPhoneの電話機能の操作
iPhoneの電話機能を使用する場合には、まずホーム画面下部にある"Phoneボ......
iPhoneのiPod機能 パート2
iPhoneにおけるiPod機能は、現在販売されているiPodを超えている.........
iPhoneを起動する
iPhoneを購入した段階では、スリープ状態になっていますので、まずiPhone......

関連ニュース

▲このページのトップへ