保険も様変わりをし、女性のための生命保険や入院保険を販売するようになり、働く女性はどんどん加入するようになっています。これからの時代、女性にも入院保険のような医療保障が絶対に必要です。

女性にも入院保険のような医療保障が絶対に必要

保険というと、以前は女性よりも働き手となる男性の方が重要視されており、男性を中心に考えた商品が主でした。しかし最近は、仕事を持つ女性が増え、社会の中で女性も男性と同じ立場で活躍する人が多くなりました。

それに伴い、保険も様変わりをし、女性専用の生命保険や入院保険を販売するようになり、働く女性はどんどん加入するようになっています。では専業主婦の女性はどうでしょうか。

「自分は仕事をして収入を得ているわけではないので、保険に加入する必要はないわ」なんて考えている人がいれば、それは大きな間違いですよ。専業主婦の女性も、しっかりとした医療保障が絶対に必要です。

子供がいたり、家業が忙しかったりすると、家事を行う人が突然入院していなくなれば、子供を預けたり人手を要する費用が必要になりますし、当然入院費や治療費もかかります。

また、もしもの場合、葬儀代などの死後の身辺整理費用も必要になってきますよね。また、男性よりも女性の方が通院や入院する割合が高いというデータもあります。これらのことを考えると、妻が被保険者として保険に加入することは、家族にとってとても大切なことなのです。

「夫の生命保険や入院保険に家族特約を付加しているから大丈夫」という人もいるかもしれませんね。しかし、それでは少し不安な面があります。

もし夫が先に亡くなった場合、妻や子供達の保障は当然無くなってしまいますから、その後は妻が契約者となり保険に加入することになると思います。

その時、妻の年齢が若ければ問題ないのですが、もしある程度の年齢になっていたら、保険料は高額なものとなってしまいますし、その際、妻が健康な体とは言えない場合、加入できないこともあり得るからです。

保険というのは、自分のためだけに加入するものという考え方ではなく、大切な家族が安心して生活できるよう、万が一に備えて加入するものという考え方をもち、できるだけ自分自身が契約者として保険に加入するようにしましょう。

関連ニュース

▲このページのトップへ