女性特有の病気を手厚く保障する保険

最近、女性特有の病気を手厚く保障する保険がずいぶんと増えてきました。それに伴い、保険を見直す女性が増えてきました。女性が保険の見直しや加入を考えた時、みなさんよく悩まれるのが保障額だそうです。これは女性にかぎったことではないとは思いますが…。

保障を確実なものとするには、入院にかかる費用を把握しておくとよいのではないでしょうか。まず治療にかかる費用ですが、健康保険で7割が負担されますので、残りの3割が自己負担となります。

治療と言っても、入院となれば、検査もあるでしょうし、手術を行う場合もあるでしょうから、3割負担と言っても、かなりの額となることが考えられます。

また、治療の中には、健康保険が適用されないものもいくつかあって、厚生労働省が定めている新しい治療とされる先進医療を受けた場合は適用されません。また、入院時の食事代や差額ベッド代も自己負担となります。

これら以外にも、病院で使用するパジャマやスリッパ、洗面用具、日用品といったもの、それ以外にもテレビ代がかかる病院もあります。入院生活が長くなると、雑誌や本といったものも必要になるかもしれません。

これら全てを合わせた入院時の自己負担総額は、1日あたり平均1万4,700円と言われています。そして、一度の入院にかかる費用は、平均で26万3,000円だそうです。入院日数は平均37.5日とされ、高齢になるほど長くなるそうです。

また、結婚して子供がいる女性の場合ですと、入院にかかる費用として、家庭でかかる費用も含めて考えておかなければなりません。

ご主人や子供達は外食などが多くなることでしょうし、ワイシャツのクリーニング代などもかかってきます。さらに、小さな子供がいる場合には、ベビーシッター代も必要になるかもしれませんね。

これらのことを考えると、やはり万一の時の為、確かな保障を考えておいた方がよいでしょう。特に女性の方は、男性よりも女性の方が入院する回数が多いというデータもありますので、まだ保険に加入していない女性の方がいらっしゃれば、これを機に入院保険について考えてみてはいかがでしょうか。

この記事のタグ

サイト内関連記事

女性特有のがんに重点をおいた保険
ここ最近、入院保険も様変わりをし、女性特有の病気を手厚く保障する、女性に限定した......
女性特有といわれる病気の種類
女性には女性特有の病気がいくつかあります。ここ最近、そういった女性特有の病気にか......
女性に多い病気の種類
近頃、女性の為の保険がとても充実してきたように思います。 たとえば、女性特有の病......
女性特有のガン保険の特徴
最近の保険会社をみていると、女性特有の病気を手厚く保障する女性の為の入院保険に力......
妊娠・出産時に適用できる女性の入院保険
「まだ若いし、健康にも自身があるし、保険なんて…」なんて考えている人も多いと思い......

関連ニュース

▲このページのトップへ