入院したらどれくらいの費用がかかるの?

最近、女性専用の入院保険が注目され、人気をあつめています。自分は健康だと思っていても、いつ病気やケガになるかわからないし、どれくらいお金が必要なのかもわからないから、とりあえず手厚い保険に入っておこう…そんな方も多いかもしれませんね。

実際、入院するとどのような費用がかかるのでしょうか。私たちは病気やケガをして病院を受診すると、健康保険で医療費の7割を負担してくれますから、実際には3割を支払うことになります。

入院となると、様々な検査や治療が必要となってきますので、入院基本料の他に、検査料や注射料、投薬料などが必要になってくるでしょう。また、手術を行う場合には手術費用も必要です。7割は負担してくれるといっても、これらの自己負担額を合計すると、かなりの額になります。

健康保険が適用されない費用もたくさんあります。まず入院時の食事代です。以前は、入院時の食事負担額は1日分として決められていました。しかし、平成18年4月から1食単位で計算されるようになり、1食260円、1日780円とされています。

1日の食費として考えれば安いですが、入院が長期になると、まとまった金額で請求されることになりますから、大きいですよね。さらに付き添い食を頼んだとしたら、当然ですがその分プラスされます。

次に、差額ベッド代も健康保険対象外になります。健康保険が適用されるのは、6人部屋の大部屋での入院となります。もし、2~4人部屋や個室を希望した場合には、大部屋との差額代を自己負担しなくてはなりません。

差額ベッド代は病院によって異なりますので、たしかな金額はわかりませんが、平均すると1日5,000円程度とされています。入院が長くなると、これもかなりの負担額となってしまうことでしょう。

特に女性の方は個室を希望する人が多いそうです。保険に入る際には、これらの費用をふまえた上で、じっくり考えてください。

この記事のタグ

サイト内関連記事

高額医療費制度で高額な医療費を払い戻してもらう
最近は健康ブームで、食べ物に気を付けたり、ウォーキングなどの軽い運動をしたりなど......
自分に合う保険に加入する
近年、医療が進歩するにつれ、高齢化が進み、また、高額な医療費が社会問題となってき......
女性専用の医療特約で手厚く保障
高齢化が進み、個人が負担する医療費の増加が社会問題となりつつあります。そんな中、......
専業主婦や働く女性の入院保険
「死亡保険」とは、自分が死んだ時に自分以外の人に保険金が支払われるもので、つまり......

関連ニュース

▲このページのトップへ