女性特有のがんに重点をおいた保険

ここ最近、入院保険も様変わりをし、女性特有の病気を手厚く保障する、女性に限定した入院保険がたくさん販売されるようになりました。その中には、女性特有の「がん」に重点をおいた保険もあります。

がんというと、何か特別な病気で自分には関係のない話…なんて考えてしまってやいませんか?ここ最近、女性特有のがんにかかる人の数が急増しており、がんにかかる年齢も低年齢化しているのだそうです。

しかし、怖がることはありません。早期発見すれば治すことができる病気なのですから…。その為にはがんについての正しい知識をもっておくことが大切です。ここでは、女性特有のがんについて少し勉強しましょう。

【子宮頸がん】
子宮にできるがんの中で、子宮頸がんは約9割を占めていると言われています。最も多い年齢は40~50代の女性ですが、ここ最近では20歳代の人でもかかる人が増えているそうです。

子宮頸がんは10代に分娩経験があったり、出産回数が5~6回と多い人にかかりやすいと言われており、初期の段階では症状がまったくありません。

基本的には定期健診で発見されることの多いですが、進行してしまうと生理以外に不正出血があったり、性交渉の後に出血したり…といった症状がでてきます。早期発見のために、定期的に検診を受けましょう。

【乳がん】
子宮がんと同じく、ここ最近若い女性にも増えています。乳がんも40~50代の女性に多いですが、30代になったら定期的に健診を受けるようにしましょう。

なぜなら乳がんは、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが深く関わっており、初産が30歳以上の人や出産経験がない人、初潮年齢が11歳以下と早かった人、閉経年齢が55歳以上と遅かった人などがなりやすいといわれているからです。

また、肥満の人も可能性が高いと言われていますので、注意しておいた方がよいでしょう。乳がんは、自己検診で発見することもできる病気なので、病院での定期検診にあわせて、自分でも意識して日頃から検診しておくとよいでしょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

女性特有の病気を手厚く保障する保険
最近、女性特有の病気を手厚く保障する保険がずいぶんと増えてきました。それに伴い、......
女性特有といわれる病気の種類
女性には女性特有の病気がいくつかあります。ここ最近、そういった女性特有の病気にか......
女性に多い病気の種類
近頃、女性の為の保険がとても充実してきたように思います。 たとえば、女性特有の病......
女性特有のガン保険の特徴
最近の保険会社をみていると、女性特有の病気を手厚く保障する女性の為の入院保険に力......
妊娠・出産時に適用できる女性の入院保険
「まだ若いし、健康にも自身があるし、保険なんて…」なんて考えている人も多いと思い......

関連ニュース

▲このページのトップへ