女性特有といわれる病気の種類

女性には女性特有の病気がいくつかあります。ここ最近、そういった女性特有の病気にかかる人が増えているそうです。それに伴い、女性疾病特約を付けることができる保険や、女性専用の入院保険に加入する女性の数がどんどん増えているそうです。

みなさんは女性特有の病気と言えば、何を思い浮かべますか?乳ガンや子宮ガンを思い浮かべる方が多いかもしれませんね。でもそれだけではないんです。その他にもさまざまな病気がありますので、覚えておきましょう。

【子宮内膜症】
通常は子宮内にある内膜細胞が、卵巣などの子宮外にできたり、筋肉の中にできたりする病気です。現在、生理がある女性のうち、10人に1人の割合で発症していると言われており、昔に比べると、3倍に増加しているそうです。

30代の女性に多い病気ですが、最近では、初潮の年齢が低年齢化していることや出産経験の低下により、20代の女性でもかかる人が増えているそうです。主な症状としては、ひどい生理痛があげられます。

鎮痛剤を使っても痛みがひかず、がまんできない痛みに救急車で病院へ運ばれる人も多いですので、年々生理痛がひどくなっているなと感じている人は、そうなる前に早めに受診しましょう。

早期発見できれば、手術ではなく薬で治療することもできますので、「我慢せず、早めに」を心がけましょう。また、なかには痛みをまったく感じない人もいますので、定期的に検診を受けるようにしましょう。

【子宮筋腫】
ご存じの方も多いかと思いますが、子宮の壁に良性の筋腫ができる病気です。成人女性の4人に1人が発症しているという、とても発症率の高い病気ではありますが、筋腫自体は良性ですので、早期発見できれば、さほど心配することもないでしょう。

しかし、筋腫ができる場所によって生理痛がひどくなったり、貧血になったりします。自覚症状がなくても、定期健診を受け、早期発見につとめましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

女性特有の病気を手厚く保障する保険
最近、女性特有の病気を手厚く保障する保険がずいぶんと増えてきました。それに伴い、......
女性特有のがんに重点をおいた保険
ここ最近、入院保険も様変わりをし、女性特有の病気を手厚く保障する、女性に限定した......
女性に多い病気の種類
近頃、女性の為の保険がとても充実してきたように思います。 たとえば、女性特有の病......
女性特有のガン保険の特徴
最近の保険会社をみていると、女性特有の病気を手厚く保障する女性の為の入院保険に力......
妊娠・出産時に適用できる女性の入院保険
「まだ若いし、健康にも自身があるし、保険なんて…」なんて考えている人も多いと思い......

関連ニュース

▲このページのトップへ