免責事由の一つ保険の告知義務違反

保険には生命保険や入院保険、女性専用保険など、様々な種類があります。すでに保険に加入している方は、ご存じだと思いますが、どの保険に加入するにしても、たいていの場合、「告知」をしなければなりません。

「告知」とは、自分の健康状態や職業などを、保険会社にありのまま報告することをいいます。告知は正確に行っておかないと、後に自分に不利益になることがありますので注意しなければなりません。

例えばあなたに、健康上に何か問題があったとします。そうすると保障内容に条件がつき、給付金が削減されたり、入院保険では、問題がある部分に関連した病気は免責となったりします。

それを避けるために、あるいは「加入してしまったらこっちのもの」という考えでうその告知をした(告知義務違反)場合、実際に給付金を受け取る時になって給付金を受け取ることができなかったり、一方的に契約を打ち切られるということがあります。

告知義務違反は、「ばれないんじゃないの」と安易な考えの方もおられるかもしれませんが、ほとんどの場合、ばれてしまいます。

また、「告知は簡単ですから…」とか「誰でも簡単に入れますよ」などとうたっている保険会社ほど、給付金を受け取る時に、審査が厳しくなると思っていた方が良いかもしれませんね。

ちなみに、生命保険と入院保険では、どちらの方が、加入時の審査が厳しいと思いますか?命にかかわる生命保険の方が審査が厳しいと思っていませんか?実際には、入院保険に加入する方が、審査は厳しくなっています。

なぜなら「死亡」という事柄をごまかすことは、通常では考えにくいですよね。しかし入院保険では、病気を偽装することも、診断書を改ざんすることも可能ですから、保険会社は入院保険の審査を厳しくしているというわけなのです。

いずれにしても、保険に加入する時には、真面目にありのままを告知しましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

保険の契約時に必要な告知義務とは?
最近、若い人でも保険に加入する人が増えているそうです。特に、女性特有の病気を手厚......
保険の自動更新の注意点
保険にはたくさん種類があるので、いざ加入しようと思っても迷ってしまいますよね。ち......
女性のための妊娠・出産時の入院保険の注意点
最近、女性特有の病気にかかる人が増えてきました。そこで、女性も自分の体を守るため......

関連ニュース

▲このページのトップへ