保険の契約時に必要な告知義務とは?

最近、若い人でも保険に加入する人が増えているそうです。特に、女性特有の病気を手厚く保障する女性のための保険が人気で、若い女性の加入がどんどん増えているそうです。

保険というのは、通常、誰もが加入できるというわけではありません。なかには「誰でも加入OK」と宣伝している保険もありますが、基本的には「告知義務」を果たした人のみ、加入することができるものです。

「告知義務」とは、保険に加入する際、自分の職業や現在の健康状態、過去の病歴についてなど、ありのままを保険会社に報告する義務のことです。告知は書面で行い、必ず本人が記入します。

その際、正確に報告しないと、結果的に自分が不利益になる場合がありますので、偽らずに書くことが大切です。
現在の健康状態に問題があったり、過去に病歴があったとしても、保険に加入できないというわけではありません。ほとんどの場合、条件付きで加入することができます。

条件付きとはどういう事かと言いますと、例えば生命保険の場合、健康の問題により、保険金の削減という条件が付いたとします。一般的に、削減は最高5年間で、加入から1年以内に死亡した場合には通常の額の15%、以下1年ごとに30%、45%、60%、80%となります。

この他にも、実際の年齢よりも高い年齢で設定された保険料を支払うという条件が付く場合などもあります。入院保険では、進行中の病気や過去の病歴により、その病気とその病気に関連する病気は全面的に免責、あるいは年数を限って免責とする場合が多いようです。

保険に加入していても、きちんと保障されなければ加入している意味がありませんよね。そうならないためにも、告知はそれぞれ責任を持ってきちんと行いましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

免責事由の一つ保険の告知義務違反
保険には生命保険や入院保険、女性専用保険など、様々な種類があります。すでに保険に......
保険の自動更新の注意点
保険にはたくさん種類があるので、いざ加入しようと思っても迷ってしまいますよね。ち......
女性のための妊娠・出産時の入院保険の注意点
最近、女性特有の病気にかかる人が増えてきました。そこで、女性も自分の体を守るため......

関連ニュース

▲このページのトップへ