保険の自動更新の注意点

保険にはたくさん種類があるので、いざ加入しようと思っても迷ってしまいますよね。ちなみに最近の人気は、女性特有の病気を手厚く保障する女性のための保険だそうです。

ところで、初めて保険に加入する人は、聞きなれない保険用語に少々とまどっていませんか。ここでは定期保険や入院保険、ガン保険などでよく使われる「自動更新」という用語について少しお話したいと思います。この用語は、保険料に関連してくる言葉なので、覚えておくといいと思いますよ。

自動更新とは、保険期間が10年や20年と決められている定期型保険の期間が満了した際に、現在の健康状態の告知をしなくても、自動的に更新される制度のことを言います。

同じ保障内容で自動更新しても保険料がずっと変わらないとしている保険もありますが、一般的には自動更新により保険料が高くなっていくシステムになっています。

終身保険や保障期間が80歳や90歳までと長期にわたる保険のように、保険料がずっと変わらないという保険に比べると、自動更新のある保険は、最初に支払う保険料が安く設定されています。

「最初に支払う保険料が安いから…」と言って、安易に加入すると、自動更新で保険料がどんどんアップしていき、後に家計を圧迫することにもなりかねません。

ですから保険に加入する際には、ライフスタイルの変化を考え、それに合った保険であるのか、年を重ねても家計に無理なく保険料を支払うことができるのか、ということをじっくり考えた上で、加入する必要があるでしょう。

その為には、更新後の保険料がいくらになるのかを把握しておく必要があると思いますが、残念なことに更新後の保険料はその時の保険料率によって変動しますので、予定していた金額よりも多くなる場合も考えられます。

逆に、予定していた金額よりも低くなることもありますので、ある程度の増減は覚悟しておいた方がよいでしょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

免責事由の一つ保険の告知義務違反
保険には生命保険や入院保険、女性専用保険など、様々な種類があります。すでに保険に......
保険の契約時に必要な告知義務とは?
最近、若い人でも保険に加入する人が増えているそうです。特に、女性特有の病気を手厚......
女性のための妊娠・出産時の入院保険の注意点
最近、女性特有の病気にかかる人が増えてきました。そこで、女性も自分の体を守るため......

関連ニュース

▲このページのトップへ