女性のための保険の選び方

女性が保険を選ぶ時には、結婚しているのかいないのか、働いているのかそうでないのかなど、自分のライフスタイルに合った保険を選ぶ必要があります。

新婚家庭でまだ子供がいない専業主婦の方の場合、まず、ご主人の保険の死亡保障額について考えなければなりません。では、いくらぐらい必要なのでしょうか。

子供がいなくても生計をたてているご主人が亡くなった場合、奥さんが生活を立て直すまでにはそれなりの資金が必要になりますので、1000万円~2000万円程度の死亡保障を確保しておくと良いのではないでしょうか。

また、同時にご自分の医療保障もしっかり確保しておきましょう。1日5000円程度の保障があれば大丈夫だと思います。医療特約を付けるか、医療保険や入院保険に加入しておきましょう。

その後、子供が生まれたら、保険を見直しましょう。子供が生まれてしばらくの間は、奥さんは働くことができないので、その間の保険料はできるだけ安い方がいいですよね。


この記事のタグ

サイト内関連記事

沢山ある保険商品から入院保険の選ぶ基準
最近、入院保険に加入する女性が増えているそうですが、入院保険もたくさんあるので、......
女性のライフプランに合わせた保険の選び方
保険の商品にも人気のある(資料請求の多い)ランキングのようなものがありますが、人......

関連ニュース

▲このページのトップへ