妊娠・出産時に適用できる女性の入院保険

「まだ若いし、健康にも自身があるし、保険なんて…」なんて考えている人も多いと思います。でもね、確かに20代のうちは、大きな病気にかかる確率は少ないですが、もしかしたら突然事故で大けがをしてしまうかもしれない…。

保険はそういった万一の為に、そして将来のことを考えたとき、若くて健康なうちに加入しておいた方が絶対にお得だと思います。そして、結婚したときには安心して妊娠・出産が迎えられるよう、きちんと備えておく必要があると思います。

妊娠前に入院保険にちゃんと加入しておけば、出産の際、帝王切開や子宮外妊娠など異常分娩となった場合に、手術給付金を受け取ることができます。

ちなみに正常分娩の場合は、給付金の支払い対象にはなりませんので、注意してくださいね。一般的に、帝王切開で出産した場合の手術給付金は入院給付金日額の10倍、子宮外妊娠で出産した場合の手術給付金は入院給付金日額の20倍が支払われます。これは助かりますよね。

ところで、自然分娩か帝王切開手術を行うかの判断は、もちろん医師が行いますので、同じケースであっても、産院によって判断が異なります。しかし、帝王切開による出産は、以前に比べると確実に増えています。

出産数は減少しているのに、帝王切開手術は増加しているということは、かなりの確立で帝王切開手術が行われているということです。母体と赤ちゃんからみると、一番好ましいのはやはり自然分娩です。

しかし、医療技術の進歩により、帝王切開手術は以前と比べリスクの少ない手術となり、母体と赤ちゃんの安全を第一に考え、帝王切開手術の選択をする医師が増えてきた事が大きな理由でしょう。

入院保険は、妊娠してから加入すると出産に対しての保障は適用されなくなったり、また妊娠中は加入できない保険もあります。

また、出産だけでなく、妊娠中も様々なリスクが考えられます。ですから、結婚したらすぐにでも、入院保険に加入することをおすすめします。

この記事のタグ

サイト内関連記事

女性特有の病気を手厚く保障する保険
最近、女性特有の病気を手厚く保障する保険がずいぶんと増えてきました。それに伴い、......
女性特有のがんに重点をおいた保険
ここ最近、入院保険も様変わりをし、女性特有の病気を手厚く保障する、女性に限定した......
女性特有といわれる病気の種類
女性には女性特有の病気がいくつかあります。ここ最近、そういった女性特有の病気にか......
女性に多い病気の種類
近頃、女性の為の保険がとても充実してきたように思います。 たとえば、女性特有の病......
女性特有のガン保険の特徴
最近の保険会社をみていると、女性特有の病気を手厚く保障する女性の為の入院保険に力......

関連ニュース

▲このページのトップへ