女性のための妊娠・出産時の入院保険の注意点

最近、女性特有の病気にかかる人が増えてきました。そこで、女性も自分の体を守るために、積極的に入院保険に加入するようになってたそうです。しかし保険は、だれでも好んで保険に加入できるというわけではありません。

一般的に、健康な体でないと加入できない、もしくは条件付きで加入することになります。それは妊娠、出産も問題となります。つまり、妊娠中は入院保険に加入することが難しいというわけです。

なかには、COOP共済のように、妊娠中の経過が順調であれば加入できるというものもあります。しかし、多くの保険は、加入できたとしても、妊娠や出産による合併症についての保障はしないという条件付きの加入がほとんどです。

妊娠中に一番保障してほしい部分の保障がないのでは、保険に加入できたとしてもあまり意味がありませんよね。以前は妊娠・出産による合併症が不安な人の為に、妊娠中でも加入できる保険があったのですが、「双子の場合には適用しない」「一時金を支払わなくてはいけない」など、様々な問題が生じ、2008年3月をもち終了してしまいました。

こうしたことが背景にあるのか、出産後に確かな保険に加入する人が多いそうです。しかし、妊娠中や出産時に何も問題がなかった人はそれでも良いのですが、帝王切開で出産した場合には、産後5年間は加入できないなどという新たな問題がでてきます。

このようなことから考えると、女性は結婚する時、もしくは婚約中にでも妊娠したときのことを考え、しっかりと保険に加入する、あるいは医療特約を付けることをおすすめします。

婚約や結婚時には決めることも多いですし、何かと慌しいと思いますが、将来のことを見据えてしっかりと保険についても考えておくようにしましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

免責事由の一つ保険の告知義務違反
保険には生命保険や入院保険、女性専用保険など、様々な種類があります。すでに保険に......
保険の契約時に必要な告知義務とは?
最近、若い人でも保険に加入する人が増えているそうです。特に、女性特有の病気を手厚......
保険の自動更新の注意点
保険にはたくさん種類があるので、いざ加入しようと思っても迷ってしまいますよね。ち......

関連ニュース

▲このページのトップへ