女性専用の医療特約で手厚く保障

高齢化が進み、個人が負担する医療費の増加が社会問題となりつつあります。そんな中、以前にも増して医療保障が重要視されるようになってきました。

そこで、しっかりとした医療保障を確保するためには、入院保険に加入するか、あるいは主契約の保険(定期付終身保険や終身保険など)に医療特約を付加する方法などがあります。

医療特約のベースとなるものには、「疾病入院特約」と「災害入院特約」の2種類があり、疾病入院特約は病気による通院や入院が、災害入院特約は災害や事故による入院が保障されます。そして、一般的にどちらの特約にも、手術の時の保障(手術給付金)が組み込まれています。

女性であれば、疾病入院特約の中でも、女性特有の病気を手厚く保障してくれる女性専用の特約を付加することをおすすめします。

子宮や膣、乳房に関わる病気にかかる女性が年々増えており、男性よりも通院や入院する人の数が多い傾向にありますので、しっかりとした保障を確保しておきましょう。

病気になって初めて保険の必要性を知り、加入しようと思っても、加入できなかったり、加入できたとしても条件付きになったり、保険料が高くなってしまう可能性があるので、健康なうちに加入しておくようにしましょう。

ところで、医療特約を付加する場合、気を付けておきたい点があります。それは、医療特約というのは通常、病気やケガで入院した場合、入院給付金を受け取れるのは5日以上入院してからになるということです。

入院してからの4日間分は入院給付金を受け取ることができない場合が多いので、医学が発展している現在では、短期入院にて治療する事が多く、実際に入院給付金を受け取った方は意外と少ないそうです。

ですから、特約で医療保障を確保する場合には、入院何日目から給付金を受け取ることができるのかをしっかり確認しましょう。必要であれば特約ではなく、医療保険に加入しておいた方が、保障が手厚くなり安心ですよ。

この記事のタグ

サイト内関連記事

高額医療費制度で高額な医療費を払い戻してもらう
最近は健康ブームで、食べ物に気を付けたり、ウォーキングなどの軽い運動をしたりなど......
自分に合う保険に加入する
近年、医療が進歩するにつれ、高齢化が進み、また、高額な医療費が社会問題となってき......
入院したらどれくらいの費用がかかるの?
最近、女性専用の入院保険が注目され、人気をあつめています。自分は健康だと思ってい......
専業主婦や働く女性の入院保険
「死亡保険」とは、自分が死んだ時に自分以外の人に保険金が支払われるもので、つまり......

関連ニュース

▲このページのトップへ