専業主婦や働く女性の入院保険

「死亡保険」とは、自分が死んだ時に自分以外の人に保険金が支払われるもので、つまり遺族の為の保険です。

「医療保険」とは、自分が病気やケガで入院、手術が必要になった時、その医療費と入院中の減収をカバーするための自分と自分の家族の為の保険です。そして、医療保険に色々な特約が付いたものを一般的に「入院保険」と呼んでいます。

何らかの医療保険に加入している人がほとんどだと思いますが、なかには、医療保険に加入するくらいなら、その分を貯金に回した方が良いんじゃないの?と考え、保険に加入していない人もいるかも入れませんね。

実際に、日頃から確実に貯金をしており、いざという時に使える分をしっかり用意できている人ならそれでも大丈夫かもしれません。しかし、すぐに手をつけられる貯金というのは、つい使ってしまいがちではありませんか。

自分は大丈夫!と思っていても、病気やケガというのは、思いもしないときに突然ふりかかってくるものです。そんな時に自分の貯金額を見て焦ってしまうことのないよう、また、治療に専念できるよう、やはり医療保険に加入しておいた方が良いのではないでしょうか。

特に女性は、年を重ねるごとに男性よりも通院や入院の回数が多くなるというデータがありますので、自分は働いていないから、病気になっても収入には影響しないし…などと思わず、主婦の方でもしっかりと医療保険に加入しておくようにしましょう。

医療保険は同じ内容でも、保険会社によって呼び名が違ったりします。

また、特約も保険会社によって様々な種類が用意されており、代表的なものとして「手術特約」や「通院特約」、ガンを手厚く保障する「ガン特約」、三大疾病を手厚く保障する「三大疾病特約」、女性に特有の病気(乳房・子宮・膣など)を手厚く保障する「女性専用特約」などがあります。

医療保険や入院保険を選ぶ時には、各保険会社の内容をよく吟味してから選ぶようにしましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

高額医療費制度で高額な医療費を払い戻してもらう
最近は健康ブームで、食べ物に気を付けたり、ウォーキングなどの軽い運動をしたりなど......
自分に合う保険に加入する
近年、医療が進歩するにつれ、高齢化が進み、また、高額な医療費が社会問題となってき......
入院したらどれくらいの費用がかかるの?
最近、女性専用の入院保険が注目され、人気をあつめています。自分は健康だと思ってい......
女性専用の医療特約で手厚く保障
高齢化が進み、個人が負担する医療費の増加が社会問題となりつつあります。そんな中、......

関連ニュース

▲このページのトップへ