メタボ健診が義務化されましたね。その理由のひとつは、メタボから生活習慣病に進行する人がこのまま増え続ければ、今以上に医療費が増えるためなんですね。メタボ検診を受けてもらい予防、解消することで病気を未然に防ぎ、医療費を抑えて保険料をアップさせないこと!だそうです。

メタボ健診を受けて予防と対策をしよう

ここ最近、太っていることに対してメタボという言葉が普通に使われるようになりました。これは、大人に限ったことではなく、子供にもメタボという言葉が浸透してきたように思います。

ところで、皆さんはメタボ検診が義務化されたことをご存知ですか。このメタボ健診とは、平成20年4月から、40歳~74歳までの全国民がメタボ健診を受けなくてはならないというものです。

なぜ、このようなことになったのか?、その背景には、日本国民の医療費のおよそ3分の1が生活習慣病のために使われているという現状があります。メタボ体質の人は、将来生活習慣病にかかるリスクが、メタボでない人よりもかなり高くなるため、メタボの方を早期に発見し、適切な指導を行ない、今後生活習慣病にかかる人を減らそうという目的のもと、開始されることになりました。

また、国はただ単にメタボ健診を行い、本人に自覚をさせるだけでなく、メタボが改善されない人が多い企業に対し、保険料の増額も視野に入れていると言われています。そのため、このメタボ健診を機に、会社ぐるみでメタボ対策に力を入れているところが増えてきているそうです。

社員の健康管理を徹底して行なってくれる会社に勤めている人はラッキーと言えるでしょう。でも本来、生活習慣病とは自己責任からくる病気なので、会社に健康管理を任せっぱなしにすることは、好ましいことではありません。

やはり、自分の努力でメタボを解消していってもらいたいところです。保険料も気になるところではありますが、まずは自分のからだなのですから、健康であり続けたいものですよね。

メタボを解消するには、ダイエットを思い浮かべる方が多いことでしょう。ダイエットと言えば、ただ単に体重を落として痩せることを目的としている方が非常に多いです。しかし、ダイエットの本当の目的は、健康です。

誰もが早く、しかも楽して痩せたいと願っていることでしょう。そこで、魅力的なキャッチコピーで売られているダイエット薬などを試してみても、効果はおそらくでてこないでしょう。

安全で健康的なダイエットを行なうには、地道に食事療法と運動療法を続ける方法しかないと言われています。正しいダイエットを行ない、健康なからだを手に入れてこそ、メタボからさようならできるのではないでしょうか。

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

メタボ健診で予防と対策をしてメタボを解消しよう:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.buckcane.com/metabo/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。