企業の社員食堂もメタボ対策に力を入れている

現在、日本の医療費全体のおよそ3分の1が生活習慣病に費やされているそうです。

驚きですね。

そしてそれは今後さらに増加するのではないかということから、少しでも生活習慣病を減らずよう意識づけるために、平成20年度から【メタボ健診】が義務付けられました。

この制度を始めるに当たり、国はただ健診するだけでなく、メタボ社員の減少率に改善が見られない企業の健康保険組合に対し、高齢者医療への負担金を増額することを視野に入れているということを発表しました。

これにより企業側は保険料が増額するおそれがあるため、社員のメタボ対策に力を入れざるを得なくなっているそうです。

企業側は早速、さまざまな工夫を凝らして対策をとりはじめているそうですが、中でも社員食堂でのメタボ対策に力を入れているところが多いそうです。

例えばある企業では、すべてのメニューにカロリー表示をして社員ひとりひとりが自分で食べたもののカロリーを計算できるようにして、セルフケアしやすいようにしていたり、管理栄養士の考案した低カロリー定食を日替わりで用意しているところもあるそうです。

また、社員向けにカロリーを抑えたメニューの調理実習を行なっているところもあるそうで、普段はめったに自炊しない人でも、外食やコンビニ弁当から家での食事に切り替えられるよう手助けをしているそうです。

他にも、会社の施設にプールやサウナ、トレーニングマシーンなどを備えた企業では、社員はおもに休み時間や就業後しか利用しませんので、空いている昼間には家族が、有料ではありますが利用できるシステムにしているそうです。

メタボは生活習慣が原因でなってしまうものなので、生活習慣を改めていくためには家族の協力が必要になります。ですから、企業のこのようなシステムは、家族ぐるみで行うことができるので理想的ですよね。

このように企業がさまざまな努力をしているにもかかわらず、本人にその意識がなくては、どうすることもできません。「社員の健康管理も会社の責任である」たしかにそれはそうとも言えます。

しかし、メタボに関しては、生活習慣の積み重ねですから、自分の生活環境を見直す必要もあるでしょう。

何より自分の体なのですから、自分でしっかり管理していきたいものです。会社のサポートを受けながら、使える制度は上手に利用し、健康を維持していきたいものですね。

それが将来の医療費や保険料を抑えることにつながっていくのだと思います。

この記事のタグ

サイト内関連記事

今、人気のメタボ対策グッズ
日本では平成20年度からメタボ健診が義務化されたことによって社会的にも健康管理や......
メタボリック対策と医療保険
ここ最近、『メタボ』という言葉がずいぶん世間に浸透してきたように思います。 太り......
メタボ対策はダイエットをして体重を減らすこと
メタボ健診が始まり、勤務する会社で健康診断がある人は、「メタボと診断されると、厳......
メタボの改善が見られないと高齢者医療への負担金増額
ここ最近、会社ぐるみでメタボ対策に取り組んでいるところが増えてきています。それほ......
子どもにもメタボ対策が必要かもしれません
平成20年度より義務化されたメタボ健診の対象年齢は40歳~74歳となっていますが......
メタボ改善には皮下脂肪と内臓脂肪を落とす
メタボ健診が平成20年度から始まりました。しかし、その目的や仕組みが人々にきちん......
メタボの原因「内臓脂肪」はつきやすくて落ちやすい!?
少し前まで、ダイエットをする際に重要視されてきたのは、体脂肪率というものでした。......
メタボ体型に注意!洋ナシ体型とリンゴ体型
肥満には脂肪のつきかたによって、『皮下脂肪型』と『内臓脂肪型』のタイプに分かれま......
高血圧の方のメタボ対策
メタボの人が多い会社は保険料がアップすると聞き、このままではリストラされるのでは......
メタボ改善には継続的な健康管理
近年、日本では生活習慣病の患者が増え、それに関わる医療費が全体のおよそ30%を占......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

メタボ健診で予防と対策をしてメタボを解消しよう:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.buckcane.com/metabo/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。