メタボ健診による保険料の負担が増えるのか?

すでに受けられた方も多いと思いますが、平成20年4月から、特定健診としてメタボリック症候群とその予備軍を抽出するための、いわゆる『メタボ健診』がついに始まりました。

この健診が始まるにあたって、世間では「保険料の負担が増えるかもしれないんでしょ?」という話が広まり、どうやらマイナスのイメージで捉えられている方がたいへん多いようです。

この話は本当なのでしょうか?答えは「いいえ」です。特定健診でメタボと診断されたとしても、その人の保険料が上がるというわけではありません。

ではなぜそんな話が広まったのでしょうか?実際には、メタボ健診を行なった医療保険者が、メタボ減少率や検診受診率などの結果によって、高齢者医療への支援金を増減額されるというものであり、医療保険者が負担する金額が増えれば、必然的に保険料がアップするのでは?という考えから「メタボだと保険料が上がる」という話が出たのかもしれません。

しかし、保険料が上がらなくても、メタボ健診の義務化によって、なんらかのかたちで金銭的な負担が増すのは事実です。まず一番に、メタボ健診料です。この費用に関しては、自治体によって差があり、無料化にしているところもあれば、2000円程度かかるところもあります。

自治体によってこんなにも差があることが、現在、新たな問題として持ち上がっています。また、メタボと診断された場合にかかってくる治療費や、病院へ通う際の交通費なども考えると、この健診に今一つ積極的になれないという方も多いことでしょう。

「将来的に医療費を抑えられるから」と言われても、今、健康で過ごしていれば、メタボ健診への出費自体がムダに思えるかもしれませんね。しかし会社で健康診断を行なってくれるところならともかく、専業主婦の人などは特に、普段、自分のからだをかまってやることなんて、なかなかできないことでしょう。

ですから、このメタボ健診の義務化を自分の健康状態を把握しておくチャンスだと捉えて(多少の出費はありますが…)是非、受けてみてはいかがでしょうか。

この記事のタグ

サイト内関連記事

メタボ健診と医療保険
メタボ健診で、自分の夫がメタボだと診断されると、急に先の事が心配になり、保健を見......
メタボと保険の関係~死亡保障から医療保障へ~
メタボへの関心が広まるにつれて、人々の保険に対して求めるものが変わりつつあります......
メタボになると保険料がアップする?
このところテレビをつければ、「後期高齢者医療制度」や「メタボリック検診義務化」な......
メタボでも医療保険に入れるのか?
メタボ、メタボって、子供の持って帰ってくる学校のプリントにもその言葉をみかけるよ......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

メタボ健診で予防と対策をしてメタボを解消しよう:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.buckcane.com/metabo/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。