メタボリック対策と医療保険

ここ最近、『メタボ』という言葉がずいぶん世間に浸透してきたように思います。

太り気味の人は『メタボ』と呼ばれ、肥満傾向にある子どもは『プチメタボ』なんて言われるようになってきて、おそらくそれだけ『メタボリック症候群』という言葉が、大人も子どもも関係なく浸透し、それぞれが意識し、身近に感じているということでしょう。人々の健康に対する意識が高まっていることの表れかもしれませんね。

この世間の波にのって、メタボ対策商品がどんどん開発されています。新しいダイエットグッズなども次から次へと発売されており、街のあちこちで「メタボ予防に…」とか「脱メタボ」といった広告を見かけるようになりました。そんな中、医療保険にもメタボリック対策とも言える、さまざまな商品が登場してきています。

その内容は、『生活習慣病による入院や手術を手厚く保障してくれるもの』となっていて、メタボリック症候群はそのまま放っておくと生活習慣病にかかるリスクが大変高くなるとされており、その生活習慣病に対応している点から『メタボ対策保険』というわけでしょう。

今までの商品は、手厚い保障があるとその分、保険料が高くなっていました。しかし、ここ最近は、手頃な保険料で設定された商品も多く出てきています。それは解約時の払い戻し金をゼロとしたことで、実現することができたそうです。

最近は加入者のニーズも多様化してきており、保険会社はアイデアを絞って、さまざまなニーズに答えられるよう、いろいろなパターンの商品を用意しているそうです。

どの会社もよく考えた保険商品を用意しているので、どれを見てもよい保険に思えて迷ってしまうかもしれませんね。そんなときには、いくつかの保険会社の商品が、保障や保険料の面から比較できるサイトもありますので、そういったものを参考にしてもいいかもしれませんね。

「備えあれば憂いなし」と言いますが、保険はひとつの備えとしてであり、やはり病気にならないよう予防に努めるようにしましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

企業の社員食堂もメタボ対策に力を入れている
現在、日本の医療費全体のおよそ3分の1が生活習慣病に費やされているそうです。 驚......
今、人気のメタボ対策グッズ
日本では平成20年度からメタボ健診が義務化されたことによって社会的にも健康管理や......
メタボ対策はダイエットをして体重を減らすこと
メタボ健診が始まり、勤務する会社で健康診断がある人は、「メタボと診断されると、厳......
メタボの改善が見られないと高齢者医療への負担金増額
ここ最近、会社ぐるみでメタボ対策に取り組んでいるところが増えてきています。それほ......
子どもにもメタボ対策が必要かもしれません
平成20年度より義務化されたメタボ健診の対象年齢は40歳~74歳となっていますが......
メタボ改善には皮下脂肪と内臓脂肪を落とす
メタボ健診が平成20年度から始まりました。しかし、その目的や仕組みが人々にきちん......
メタボの原因「内臓脂肪」はつきやすくて落ちやすい!?
少し前まで、ダイエットをする際に重要視されてきたのは、体脂肪率というものでした。......
メタボ体型に注意!洋ナシ体型とリンゴ体型
肥満には脂肪のつきかたによって、『皮下脂肪型』と『内臓脂肪型』のタイプに分かれま......
高血圧の方のメタボ対策
メタボの人が多い会社は保険料がアップすると聞き、このままではリストラされるのでは......
メタボ改善には継続的な健康管理
近年、日本では生活習慣病の患者が増え、それに関わる医療費が全体のおよそ30%を占......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

メタボ健診で予防と対策をしてメタボを解消しよう:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.buckcane.com/metabo/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。