メタボの改善が見られないと高齢者医療への負担金増額

ここ最近、会社ぐるみでメタボ対策に取り組んでいるところが増えてきています。それほどメタボリック症候群が問題になってきていると言うことなのでしょう。

メタボリック症候群とは、ご存じの方も多いと思いますが、内臓脂肪症候群のことを言います。それはそのまま放っておくと、生活習慣病を引き起こすリスクが高いとされています。

現在、日本ではこの生活習慣病の支援のために、多くの医療費が費やされています。もしこのまま医療費が増え続けると、保険料を上げざるをえなくなってくるかもしれないことから、生活習慣病が深刻な問題として取り上げられるようになりました。

そこで、国が生活習慣病を未然に防ぐため、メタボ対策を取り始め、平成20年からメタボ健診を行うことを決定しました。この健診は、健康保険組合などの医療保険者に義務付けられ、受診率やメタボの改善が見られない場合には、高齢者医療への負担金が増額される仕組みになっており、現時点では5年後の改善度合いを見ることになっています。

このメタボ対策はまだ始まったばかりなので、金額的にどの程度の増減があるのかは未知数となっていますが、個人の保険料にも影響してくる可能性があるので、会社側も真剣にメタボ対策に取り組みはじめたと言うわけです。

このメタボ健診の対象者は40歳~74歳の人で、普段の健康診断に、腹囲の測定が加わります。これは内臓脂肪を測るためなのですが、直接肌に触れ、お腹まわりを測られるのに抵抗を感じる人もおり、そういった人のために、服を着た上から測定してもらうことができます。

また、正しい位置を確認してもらいながら、自分で測ることも認められているそうです。このようなことが認められているのは、受診率を下げないための対策なのだそうです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

企業の社員食堂もメタボ対策に力を入れている
現在、日本の医療費全体のおよそ3分の1が生活習慣病に費やされているそうです。 驚......
今、人気のメタボ対策グッズ
日本では平成20年度からメタボ健診が義務化されたことによって社会的にも健康管理や......
メタボリック対策と医療保険
ここ最近、『メタボ』という言葉がずいぶん世間に浸透してきたように思います。 太り......
メタボ対策はダイエットをして体重を減らすこと
メタボ健診が始まり、勤務する会社で健康診断がある人は、「メタボと診断されると、厳......
子どもにもメタボ対策が必要かもしれません
平成20年度より義務化されたメタボ健診の対象年齢は40歳~74歳となっていますが......
メタボ改善には皮下脂肪と内臓脂肪を落とす
メタボ健診が平成20年度から始まりました。しかし、その目的や仕組みが人々にきちん......
メタボの原因「内臓脂肪」はつきやすくて落ちやすい!?
少し前まで、ダイエットをする際に重要視されてきたのは、体脂肪率というものでした。......
メタボ体型に注意!洋ナシ体型とリンゴ体型
肥満には脂肪のつきかたによって、『皮下脂肪型』と『内臓脂肪型』のタイプに分かれま......
高血圧の方のメタボ対策
メタボの人が多い会社は保険料がアップすると聞き、このままではリストラされるのでは......
メタボ改善には継続的な健康管理
近年、日本では生活習慣病の患者が増え、それに関わる医療費が全体のおよそ30%を占......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

メタボ健診で予防と対策をしてメタボを解消しよう:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.buckcane.com/metabo/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。