高血圧の方のメタボ対策

メタボの人が多い会社は保険料がアップすると聞き、このままではリストラされるのでは?と必死になってダイエットに取り組んでいる人がいると聞きます。

なぜそのようなことになるのか?それは平成20年度から義務化されたメタボ健診が原因でしょう。メタボ健診と言えば、『腹囲の測定』。そこで、お腹のでっぱりをなくすためにダイエットに取り組んでおられるのでしょうね。

しかし、腹囲の測定でたとえ数値が大きかったとしても、すぐにメタボと判断されるわけではありません。血圧や血液検査の結果もその判断基準になります。

では、どれくらいの値がメタボだと判断されるのかと言いますと、腹囲が男性で85cm、女性で90cm以上であり、かつ血圧が最高血圧130mmHg、最低血圧85mmHg以上が目安となっています。ですから、単にダイエットに取り組むだけではなく、血圧も気にとめておいた方が良いでしょう。

もし高血圧であるならば、

  • 減塩食に変える
  • 減量する
  • ウォーキングなどの軽い運動をする

などとよく言われますが、実際にこれらを実践しても、なかなか血圧の数値に効果があらわれない人が多いそうです。

そこで私が提案するのは、それらに併せて、カリウムを多く含む食品を積極的に摂ることです。カリウムはどんな食品に多く含まれているのかと言いますと、トマトやバナナです。

トマトは生のものでなくても、ジュースでもOKですが、無塩タイプのものにしてください。バナナはヨーグルトと合わせて食べると、不足しがちなカルシウムも補えて良いのではないでしょうか。これらを毎日の習慣にするのが理想的です。

メタボ予備軍の人は、もともと運動をする習慣があまりない人が多いようなので、いざ軽い運動と言われても、なかなか継続しないと言われています。そういった方は運動をするという意識をちょっと変えてみてはいかがでしょうか。

例えば、いつもエレベーターで移動しているところを階段に変えてみる、いつものバス停を一駅手前でおりるといったように…。わざわざ運動しようというわけではなく、いままでと変わらぬ日常生活の中で、ちょっと意識を変えてみるだけでも、運動量は増えることでしょう。そして高カリウム食品を積極的に摂っていきましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

企業の社員食堂もメタボ対策に力を入れている
現在、日本の医療費全体のおよそ3分の1が生活習慣病に費やされているそうです。 驚......
今、人気のメタボ対策グッズ
日本では平成20年度からメタボ健診が義務化されたことによって社会的にも健康管理や......
メタボリック対策と医療保険
ここ最近、『メタボ』という言葉がずいぶん世間に浸透してきたように思います。 太り......
メタボ対策はダイエットをして体重を減らすこと
メタボ健診が始まり、勤務する会社で健康診断がある人は、「メタボと診断されると、厳......
メタボの改善が見られないと高齢者医療への負担金増額
ここ最近、会社ぐるみでメタボ対策に取り組んでいるところが増えてきています。それほ......
子どもにもメタボ対策が必要かもしれません
平成20年度より義務化されたメタボ健診の対象年齢は40歳~74歳となっていますが......
メタボ改善には皮下脂肪と内臓脂肪を落とす
メタボ健診が平成20年度から始まりました。しかし、その目的や仕組みが人々にきちん......
メタボの原因「内臓脂肪」はつきやすくて落ちやすい!?
少し前まで、ダイエットをする際に重要視されてきたのは、体脂肪率というものでした。......
メタボ体型に注意!洋ナシ体型とリンゴ体型
肥満には脂肪のつきかたによって、『皮下脂肪型』と『内臓脂肪型』のタイプに分かれま......
メタボ改善には継続的な健康管理
近年、日本では生活習慣病の患者が増え、それに関わる医療費が全体のおよそ30%を占......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

メタボ健診で予防と対策をしてメタボを解消しよう:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.buckcane.com/metabo/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。