冷蔵庫の電気代が大幅に変わる節約術

使い方次第でもっとも電気代が変わってくるのが冷蔵庫。「え~、冷蔵庫なんで、どこも一緒なんじゃないの?」そう思われているあなた、そんなことはありませんよ。冷蔵庫こそ、節約術の要素がたくさん秘めている場所なのです。「電気代節約術の鍵を握る」といっても過言ではないと思いますよ。

ではまず、冷蔵庫をあけてみてください。物を詰め込みすぎてはいませんか。冷蔵庫の中が満杯になるまで物を詰め込むと、庫内では空気の循環が悪くなり、さらに冷やそうとして電気をより多く消費してしまうのです。

冷蔵庫に物をたくさん詰め込む人というのは、おそらくずっと満杯のままだと思います。その場合と、ある程度ゆとりを持たせている場合とでは、年間にすると6,000円以上の差が出てきます。

これはさまざまな節約術のなかでも、かなり大きな額ですから、実践しないわけにはいきませんよね。とはいえ、スーパーでの安売り商品を大量に買い込んでおくというのは、節約術の一つですから、それをやめるわけにはいきませんよね。

では、そういった場合にはどうすればよいのかと言いますと、たとえば大根やにんじん、ジャガイモなど、比較的冷蔵庫に入れておかなくても長持ちする野菜は、日の当たらない涼しい場所に保管する、生ものは買ってきたまますべてを冷凍してしまうのではなく、献立を考え、それにあわせて分量をわけたり、下ごしらえしてから冷凍すると、かさを減らすことができます。

また、ほかの節約術としては、冷蔵庫の温度を調節する方法もあります。冷蔵庫に温度設定がある事はご存じの方も多いと思いますが、これを活用している方はまだまだ少ないようです。

各製品によって、温度設定の仕方に多少の違いはあるかもしれませんが、庫内の温度を「弱」など、弱い方に設定する事で、さらに電気代を節約することができます。

冷蔵庫の温度を高めに設定したからといって、消費期限より早く物が腐るなどといった心配はありませんので、安心してくださいね。ただし、冷蔵庫の中はやはり詰め込みすぎないようにしましょう。

ところで、冷蔵庫の電気代を節約する方法に、「よく冷蔵庫の開け閉めを減らす」「あけている時間を短くする」と言われますが、それはたしかにその通りで、節約術の基本です。その行為そのものが電気を消費する要素となるので、できるだけ開閉を少なくし、開けっ放しにすることはやめましょう

特にお子さんがいるご家庭では、重要なポイントになってくるでしょうから、家族みんなで節約意識を持つことが大切ですね。

この記事のタグ

サイト内関連記事

毎日の洗濯で水道代の節約術
日々の生活の中で、何に一番水道の水を使っているのかというと、洗濯とお風呂だと思い......
節水コマを使用して水道代を下げる節約術
夏場になると、蛇口を全開にし、勢いよく水を出している光景をよく見かけます。蛇口か......
無駄な水の使い方をやめて、水道代を減らす節約術
水道をひねると、限りなくでてくる水道水。私たちは、当たり前のようにこの水道水を使......
お料理を作る時のガス代節約術
お料理を作る時に節約できることと言えば、食材はもちろんのこと、ガス代も節約するこ......
お湯やお風呂を沸かす時のガス代の節約術
電気ポットにお湯が入っていると、好きな時にすぐお茶やコーヒー、紅茶が飲めますので......
ガス代の節約術を活かし光熱費をさげましょう
「ガス代を節約している」という話をあまり聞かないですが、実は意外と馬鹿にならない......
照明に関する節約術で電気代を減らしましょう
電気代の節約術の一つとして、照明があげられます。照明は、それほど電気代がかからな......
冬にかさむ暖房の電気代を少しでも減らす節約術
寒くなると欠かせないのが暖房ですよね。夏場の冷房にかかる電気代に関しては、よく注......
エアコンの温度調節機能を利用した電気代の節約術
さまざまな節約術がありますが、一番注目されているのは電気代の節約術ではないでしょ......
誰にでもできる簡単な電気代の節約術
私たちの生活になくてはならない電気。一見節約できるところはなさそうに見えますが、......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

節約生活@日々の暮らしの中で簡単にできる節約術:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.buckcane.com/setsuyaku/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。