冬にかさむ暖房の電気代を少しでも減らす節約術

寒くなると欠かせないのが暖房ですよね。夏場の冷房にかかる電気代に関しては、よく注目され、さまざまな節約術が語られていますが、暖房にかかる電気代に関しては、それほど語られていないように思います。しかし、暖房に関してもかなり節約することができますので、是非参考にしていただきたいと思います。

日本の冬といえばこたつですよね。最近ではこたつを出す家もずいぶん少なくなってきたようですが、「寒い季節にはやはりこたつでしょう」という人もまだまだいらっしゃると思います。そこでこたつを準備する際に、おそらくみなさんは掛けぶとんと敷きぶとんを用意されると思います。

節約術はこれに毛布をプラスします。そうする事で、こたつの中の温度が一気に下がることを防ぐことができます。また、毛布をプラスすることでこたつの温度を少し下げでも、快適な暖を取ることができますよ。

また、最近はエアコンをフル稼働し、部屋の温度をあげ、室内を薄着で過ごす人が増えているそうです。それってとてももったいないことだと思いませんか?特にお風呂から上がり寝るまでの間は、外を出歩くこともないでしょうから、どんな格好をしていてもかまわないですよね。

エアコンの温度を上げるのではなく、どんどん着込み、湯冷めしないよう早めに寝るようにすれば、電気代はかなり節約できると思いますよ。また、家にあるお布団や毛布はどんどん活用していきましょう。

そして、電気代節約術の極めつけは、人気急上昇中の湯たんぽです。湯たんぽは昔からある暖房器具なので、さまざまな電化製品の性能がよくなる中、それほど効果を期待していない人も多いかもしれませんが、実はとても優れものなのです。

使ったことがある人ならご存じのことだと思いますが、湯たんぽというのは、必要量のお湯を一度わかせば、それだけで一晩十分に暖かく、快適に眠ることができるのです。さらに毛布も組み合わせて使用すれば、暖かさは倍増です。

しかも、血行に良いので、もし一晩中エアコンの電源を入れている人がいれば、是非一度使ってみてください。もう手放せなくなるかもしれませんよ。

また、一度暖めた部屋の熱(温度)を逃がさない工夫も取り入れていきたいですよね。それにはカーテンをできるだけ長くしましょう。

熱というのは、窓から逃げていきますので、細かいことではありますが、こういった点も節約術の一つとして頭にいれておくと良いと思います。

これらをまとまると、「暖房の節約術は、エアコンの温度を下げるということよりも、いかにエアコンを使わずに暖をとることができるか」ということなのです。徹底して行うと大きな差が生まれますので、がんばりましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

毎日の洗濯で水道代の節約術
日々の生活の中で、何に一番水道の水を使っているのかというと、洗濯とお風呂だと思い......
節水コマを使用して水道代を下げる節約術
夏場になると、蛇口を全開にし、勢いよく水を出している光景をよく見かけます。蛇口か......
無駄な水の使い方をやめて、水道代を減らす節約術
水道をひねると、限りなくでてくる水道水。私たちは、当たり前のようにこの水道水を使......
お料理を作る時のガス代節約術
お料理を作る時に節約できることと言えば、食材はもちろんのこと、ガス代も節約するこ......
お湯やお風呂を沸かす時のガス代の節約術
電気ポットにお湯が入っていると、好きな時にすぐお茶やコーヒー、紅茶が飲めますので......
ガス代の節約術を活かし光熱費をさげましょう
「ガス代を節約している」という話をあまり聞かないですが、実は意外と馬鹿にならない......
照明に関する節約術で電気代を減らしましょう
電気代の節約術の一つとして、照明があげられます。照明は、それほど電気代がかからな......
冷蔵庫の電気代が大幅に変わる節約術
使い方次第でもっとも電気代が変わってくるのが冷蔵庫。「え~、冷蔵庫なんで、どこも......
エアコンの温度調節機能を利用した電気代の節約術
さまざまな節約術がありますが、一番注目されているのは電気代の節約術ではないでしょ......
誰にでもできる簡単な電気代の節約術
私たちの生活になくてはならない電気。一見節約できるところはなさそうに見えますが、......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

節約生活@日々の暮らしの中で簡単にできる節約術:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.buckcane.com/setsuyaku/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。